【質問リスト】説明会の座談会で聞くべき質問を種類別にご紹介!

説明会の後や、インターンシップの終わりには「座談会」が開催されることが多くあります。座談会では、人事やそれ以外の社員の方に対して疑問をカジュアルに質問することができるため、ぜひ積極的に質問してみましょう。

しかし、学生の疑問を解決してくれる場であるとはいえ、

「座談会では、何を質問したらいいんだろう?」
「給与面が気になるけれど、質問していいのかな?」

といった悩みを抱える就活生も多いのではないでしょうか?

この記事を読んで座談会で積極的に質問をおこない、就活を成功させましょう!

座談会の目的とは?

座談会は、フランクな雰囲気でざっくばらんに質問できる機会です。より詳しく企業について知ることができるため、就活生にとってもメリットが大きいと思います。

企業が、そのような「座談会」を開催する目的は、自社を知ってもらい就活生とのミスマッチをなくすためです。

入社してから「なんか違った...」と思われてしまうと、就活生にとってもよくありません。そのため、なるべく企業について知ってもらいミスマッチをなくすために実施されています。

また、学生がどんなことに興味を持っているのか知る機会でもあります。そのため、できるだけ素直に疑問に思ったことを質問してみましょう。

これを聞いておきたい!種類別質問リスト

では実際、座談会ではどのようなことを聞けばいいのでしょうか?

ここからは、座談会に参加したらぜひ聞いておきたい質問をご紹介します。

実際の業務の内容について

会社を選ぶ軸として、自分がその企業に入ったら実際にどのように働けるのかは重要だと思います。業務内容をより詳しく知るために座談会で質問してみましょう。

しかし、ただ「業務内容はなんですか?」と聞いても、ホームページに記載されている内容しか答えてもらえない可能性が高いです。以下の質問リストを参考に様々な角度からより詳細に聞いてみましょう。

より詳細に知ることで、会社と自分のミスマッチにも気がつくことができます。

  • 主な仕事内容と平均的な1日のスケジュールを教えてください
  • 入社前と入社後で会社への印象が変わった点はありますか?
  • 仕事をする中で一番大事にしている心構えは何ですか?
  • 会社の商品が強く支持されている理由はなんだと思われますか?
  • 新しいサービスや商品が生み出されるまでの流れを教えてください。
  • 〇〇業務について、詳しい業務内容を教えてください
  • 一番やりがいを感じるのはどんな時ですか?
  • お仕事をされる中で、一番大変なのはどんな時ですか?
  • 仕事をしていて一番成長したなと思うところを教えて下さい
  • 入社後に必要となる能力はなんですか?
  • 今までに成し遂げたことと今後の目標を教えてください
  • 今までの業務で一番記憶に残っているものは何ですか?

    社風や働く環境について

    会社の雰囲気についても、座談会の機会を利用して聞いてみましょう。

    雰囲気が自分とあっているかどうかは働く上で重要ですが、会社については、パンフレットやホームページからではわかりません。

    事前に、自分がどのような環境で働きたいかを明確にしておきましょう。

    • どんな時に会社の風通しが良いと感じましたか?
    • 実際の職場の雰囲気・社風はどのようなものですか?
    • お仕事をされる中で感じる御社の強みと弱みを教えて下さい
    • 会社を一言で例えると、どのような企業だと思いますか?
    • 昼休みはどう過ごしていますか?
    • 社員同士の交流はありますか?
    • 職場での男女の比率を教えてください
    • この会社で働いていて一番良かったことは何ですか?
    • 会社の雰囲気を一言で表現するとすれば、何になりますか?
    • 同業他社と比較して、会社の特徴は何ですか?
    • 入社後に感じたギャップはなにかありますか?
    • 会社の最も誇れると思えるところについて教えてください。

      キャリアパスや求める人物像について

      その会社で求められている人物像キャリアパスを知っておけば、その後の選考で自己PRをする際に役立ちます。

      また、自身の思い描くキャリアビジョンとマッチしているかを知ることも重要です。結婚や出産後も働きたいと考えている女性であれば、出産や子育てに関わる制度についても質問しておきましょう。

      • 入社後、2年目を迎えた社員に差が生まれるとすれば、それは何だと思われますか?
      • 育児と仕事の両立をされている方はいますか?
      • この会社で活躍している方の共通点はなにかありますか?
      • 新卒採用ではどのような人を採用したいですか?
      • 今までどのような方が就職されていますか?
      • この会社で活躍している人材にはどんなスキル、素養、資質がありますか?
      • 御社には部長以上の管理職において、女性が就任している部署はありますか。
      • 女性管理職の割合を教えてください。
      • どんな新入社員なら、一緒に働きやすいと思いますか。

        質問するときに気をつけたいマナー

        企業の人に質問をするときのマナーも一緒におさえておきましょう。

        ①最初に「大学名+名前」を述べる

        質問をするときは、司会者が見つけやすいように大きく手を挙げましょう。

        当てられたら「はい」と返事をして、最初に大学名と名前を告げます。

        声が小さかったりモゴモゴと話したりしてしまうと、せっかく質問をしていても相手に聞こえない可能性があります。大きな声で大学名と名前を告げましょう。

        ただし、会社によっては「大学名や名前は不要です。」と言われる場合もあります。その場合は会社の指示に従いましょう。

        また、答えてもらった後には「お礼」を言うのも忘れてはいけません。

        ②質問はひとつにしておく

        会社の説明を真剣に聞けば聞くほど、たくさんの質問が浮かんでくるかも知れません。

        しかし、座談会は時間が限られています。1人でいくつも質問してしまうと、他の就活生があまり質問できずに終わってしまいます。

        基本的には質問はひとつにしておきましょう。

        どうしても2つ以上の質問がしたい場合は、「大学名と名前」を告げた後で

        「○点お伺いしたいことがあるのですがよろしいでしょうか?」

        というように先に聞いてみるのもひとつの手です。

        また、一通りの質問が終わり

        「他に質問がある人はいませんか?」と聞かれた場合は、状況を見て2回目の質問を行うことも可能です。

        ③簡潔に話す

        質問は頭の中でまとめて、できるだけ簡潔に話すように心がけましょう。

        あまりに長い質問をすると、会社の人も

        「それで、結局何が聞きたいの?」

        と思ってしまいます。

        また、人事の印象に残りたいがゆえに質問の前置きとして自己PRを混ぜる学生もいますが、絶対に辞めましょう。

        座談会は自分を主張する場ではありません。空気を読まず自己PRをすれば、悪い印象を人事の方にもたれてしまうかもしれません。

        余計な前置きや自己PRは避けて、長くても30秒程度を目安に質問すると良いでしょう。

        聞いちゃダメ!NGな質問例

        座談会は、比較的フラットに社員の方に質問できますが、なんでも好きに聞いていいというわけではありません。

        質問内容によっては、相手に失礼になってしまいます。また、あなた自身の印象が悪くなってしまうかもしれません。

        ここから紹介するNG例を参考に、よく考えてから質問するようにしましょう。

        ホームページに載っている内容

        「御社の企業理念はなんですか?」
        「海外には進出していますか?」

        といった、ホームページで調べればわかることを聞くのはNGです。

        また、説明会でついさっき説明されたことを質問してしまうと

        「この学生は話をちゃんと聞いていなかったのかな?」

        という悪い印象を受けてしまう可能性があります。

        必ず説明をよく聞いて、それでも気になることについて質問しましょう。

        うっかり聞いてしまう!?プライベートな質問

        「恋人はいますか?」
        「どこに住んでいるんですか?」

        といったプライベートの質問はもちろんNGです。

        また、

        「〇〇さんのおよその年収を教えてください」

        といった質問もしてしまわないように注意しましょう。お給料については気になる学生も多く、ついつい聞いてしまう就活生もいますが、プライベートな質問なので辞めておきましょう。

        企業についてのネガティブな質問

        「辞めたいと思った時はありますか?」
        「給料に満足していますか?」
        「パワハラとかないですか?」

        のようなネガティブな質問は避けましょう。

        質問に答えてくださる社員さんの中には、入社数年目の人もいます。

        上記のような答えにくい質問をしても、当たり障りのない答えしか返ってこないだけでなく、質問者の印象も悪くなってしまいます。

        まとめ

        会社説明会における座談会は、企業についてより詳しく知れるほか、その企業と自分の適性も知ることができるいい機会です。

        質問する時は、「大学名・名前」を告げて簡潔に話しましょう。基本的に質問は1人ひとつです。たくさん聞きたいことが出てくるかもしれませんが、座談会の時間は限られているので簡潔にまとめましょう。

        業務内容やキャリアパスを質問すれば、会社と自分がマッチしているかの確認もすることができます。

        また、ホームページに書かれていることや給与面、ネガティブなことを聞くのは避けましょう。せっかく質問をしたのに、悪い印象をもたれてしまってはもったいないですよね。

        今回ご紹介した質問リストを元に質問すれば、就職活動に役立つ情報をゲットできる座談会になるはずです。

        座談会という機会を利用して、積極的に質問していってください。

        おすすめの記事