【就活】最終面接を突破するためには?事前準備と質問例を紹介!

就職活動で選考が進んでくると、最終面接を経験することになります。

最終面接は、1次面接や2次面接と違って緊張感も倍増しますよね。
だからこそ、いつもより準備して万全の状態で望む必要があります。

準備をするためにも、まずは面接官の視点を考えるべきです。
企業は最終面接で、学生のどのようなところを見ているのでしょうか?

この記事では、面接官が見ているポイントよくある質問に加えて、学生が準備するべきこと注意点についてご紹介します。

最終面接でよく聞かれる質問を例文とともに紹介するので、「自分だったらどのように答えるかな……」と考えながら読んでみてください。

最終面接前にしっかり予習をして、内定を勝ち取りましょう!

最終面接では何を見ている?

まずは面接官の視点から、最終面接で学生のどのようなところを見ているのか紹介します。
見ているポイントがわかれば、どう対策すればよいのか予想しやすくなりますよ。

ここで紹介するポイントを参考に、自己PRや志望動機を考えてみましょう!

コミュニケーション能力よりも価値観・マッチ度を重視

最終面接では、企業側は学生の価値観やマッチ度を重視しています。

面接は、一般的にコミュニケーション能力を見ているといわれていますが、そちらは主に1次面接や2次面接で見ています。

最終面接に進んでいる学生は、礼儀正しさビジネスマナーなどの基本的なコミュニケーション能力は持っているので、採用側はそのなかから価値観が合う人材を採用したいと考えます。

価値観が合う学生とは、企業の理念に共感してくれる学生を指します。
理念に共感している学生のほうが、より会社に貢献している姿を想像しやすいですよね。

そのため、最終面接では学生の性格や価値観を深堀りする質問が多いです。

入社意欲も見ている

価値観の他には、入社意欲も見ています。

先ほども述べたように、企業側は基本的な能力があることを前提に、価値観が合い、企業理念に共感している学生を採用したいと考えます。

これに加えて、自社に入りたいと熱意を持って伝えてくれる学生のほうが採用したくなりますよね。

価値観、入社意欲、マッチ度、全てが必要です。
同じ志望動機でもこの3点がうまく伝わるように話すことができれば最終選考も突破できるはずですよ!

最終面接で聞かれることは?質問例も紹介!

前の章では、最終面接において面接官が重視しているポイントを紹介しましたが、実際にはどのような質問をしてくるのでしょうか?
実際の質問例を3つのポイントに当てはめながらお伝えします。

事前にいくつか回答を考えておいて、最終面接本番でも焦らず答えられるように準備しましょう!

入社意欲について

入社意欲は、志望動機の内容と伝え方で見られることが多いです。

実際に聞かれる質問は、以下の5つになります。

  • 当社への志望動機を教えてください。
  • 同業他社のなかで当社を選んだ決め手はなんですか?
  • 会社でどのような役割を担いたいですか?
  • あなたは、どの職種を希望しますか?その理由を教えてください。
  • もし弊社から内定が出た場合、入社しますか?

このように、志望動機決め手をストレートに聞かれます。
その他に、「どのようなことをしたいか」や「内定が出たらどうするか」という、答え方に困る質問も聞かれる可能性があります。

これらの質問に対して、「他社ではなくなぜこの会社なのか」を具体的に、かつ熱意を持って述べられると、入社意欲が伝わりやすいでしょう。

学生時代の経験について

学生時代の経験は、学生時代に力を入れたこと、通称「ガクチカ」を聞かれることが多いです。
就活をはじめたばかりの頃から、この言葉は何度も聞いてきたのではないでしょうか。

ガクチカなど学生時代の経験を聞く質問例は、以下の5つの質問になります。

  • 学生時代に頑張ったことと、その成果を教えてください。
  • これまで経験したことで、1番の挫折は何ですか?
  • グループ活動をおこなうときの自分の立ち位置を教えてください。また、協調性をどのようにとらえていますか?
  • 大学の友人があなたのことをどのような人だと思っているか教えてください。
  • 自らの挑戦経験を教えてください。このように、学生時代に熱中したことを聞かれる可能性が高いです。

その他にも、「友人からどのように見られているか」や「チームでの活動について」など、チームでどのような役割をすることが多いのかを問う質問もあります。

これらの質問に対しては、面接官が情景をイメージしやすいように、数字やエピソードを交えて説明するとより伝わりやすいですよ。

将来のビジョンについて

将来のビジョンも聞かれることが多いでしょう。

質問例は以下の5つです。

  • 10年後はどのような姿になっていたいですか?
  • あなたは、当社で何を実現したいですか?
  • あなたの10年後、20年後はどのようになっていると思いますか?
  • あなたのはなんですか?その夢を実現するためにどのようなことをしていますか?
  • 将来どのような人になっていたいですか?

将来のビジョンは、必ずしもこの会社だけで成し遂げたいことではありません

「どのような生き方をしたいか」や「どのような働き方をしたいか」も一緒に考えてみましょう。

なりたい姿が決まったら、どのような仕事をやるべきなのかもイメージしやすいのではないでしょうか。

最終面接前には志望動機だけでなく、この会社でどう成長したいかも考えて、答えられるようにしておきましょう!

最終面接前の3つの準備!

次に、最終面接前にしたほうがよい3つの準備を紹介します。
最終面接は、前日までの準備がとても大切です。

しっかりと準備をして、内定を勝ち取りましょう!

エントリーシートや履歴書を確認しよう

エントリーシートや履歴書の確認は必須です。

どのような面接でも、エントリーシートに書かれた情報をもとにおこないます。
受ける企業に対してどのような志望動機や情報を書いたのかを確認しないと、面接官と話が噛み合わなくなる可能性があります。

志望動機や就活の軸に矛盾が生じていると、本音を隠している学生と判断されてしまうかもしれません。

最終面接まで辿りついたのに、今までと違うことをアピールすると評価が下がってしまう可能性もあるので、注意しましょう!

企業情報をあらためて調べよう

応募した頃と最終面接を受ける頃では、企業情報が更新されている可能性があります。

小さなことですが、企業のWEBサイトプレスリリースはあたらめてチェックするようにしましょう。

そのなかでもSNSは比較的更新が頻繁で、最新情報がいち早く公開されるので、情報源として活用しやすいです。

最新情報を常にキャッチしておいて、企業についての質問が来てもスムーズに答えられるようにしましょう。

よくある質問の意図を考えよう

前の章でよくある質問を紹介しましたが、その質問の意図を考えることも大切です。

たとえば、挫折した経験について質問されたとします。

この質問には、以下のような意図が含まれます。

  • 挫折するほどの出来事からどのように立ち直ったのか
  • 出来事への対処をどのように考えるのか
  • ストレス耐性があるのか

そのため、単に挫折した経験を語るだけでは、面接官が本当に聞きたいことと少しずれてしまいます
面接官の質問の意図に合うように、回答例を考えましょう。

先輩から学ぼう!最終面接で犯してしまった失敗例

最後に、最終面接のときに注意したほうがよいことを紹介します。
先輩の失敗談から学んで、同じ失敗をしないように気をつけましょう!

最終面接は意思確認の場だと思っていた

まずは認識の違いから生まれてしまった失敗です。

「最終面接は入社意思を聞かれるだけ」
「社長と握手して終わり」
このようなうわさを聞いたことはありませんか?

これを信じてほとんど準備しないまま最終面接に挑んでしまい、突然の質問にうまく答えられなかったという人がいるようです。

意思確認だけの最終面接をおこなう企業も少なからずありますが、大半の企業はそうではありません

すでにお伝えしたように、最終面接では企業とのマッチ度価値観など、さまざまな観点を見られています。

選考だということを忘れずに、しっかり準備しましょう。

意外な一面を見せたほうがよいと思っていた

次は意外と勘違いしている人が多く、犯してしまいがちな失敗です。

たとえば1次面接や2次面接では「学生生活はゼミ一筋で、分析が得意です」と賢さをアピールしていたのに、最終面接では急に「数年間スポーツをやっていて、体力には自信があります!」と違う一面をアピールしてしまう人がいます。

一見、複数の長所を持っている人のほうが、優秀な学生のように感じてしまいますよね。

しかし、すでにお伝えしたように、最終面接に進んでいるなら、それまでの1次面接や2次面接であなたの強みが評価されているということです。

それなのに、最終面接でその雰囲気や価値観とは違うことをアピールしたら、評価が下がってしまう可能性があります。

1次面接から最終面接まで、自分の強みを変えずにアピールしましょう!

他社への志望度を正直に話してしまった

最後は、正直すぎるせいで失敗してしまった例です。

一般的にほとんどの面接で、他社の選考状況を聞かれ、一緒に志望度も聞かれます。
そのときに、「御社は〜番目で、第一志望は株式会社◯◯です。」と伝えてしまう就活生が一定数います。

正直に言うことが悪いわけではありません。
しかし、最終面接で堂々と他社を第一志望だと言っている学生を、積極的に採用しようと思う面接官は少ないです。

実際に他社が第一志望でも、明言はせずに「第一志望群です。」と工夫して伝えましょう。

伝え方を変えるだけで、同じ意味でも面接官に与える印象は変わります
自分が面接官だったら、どのような学生を採用したいか考えながら発言をするようにしましょう。

まとめ

この記事では、最終面接の場で面接官が何を見ていて、どのような質問をするのかお伝えしました。

そして、学生側は何を準備するのかどのようなことに注意するべきかも一緒に紹介しました。

最終面接で面接官が重要視しているのは以下の3点です。

  • 学生の価値観はどのようなものか
  • 入社意欲はどれだけあるのか
  • 自社とのマッチ度はどれくらいあるのか

これらを見るための具体的な質問も一緒に紹介しました。
面接官側の視点がわかると、どのような点を強調して話せばよいか想像しやすくなりますね。

また、学生が最終面接前に準備したほうがよいのは以下の3点です。

  • エントリーシートや履歴書を確認する
  • 企業情報を調べる
  • よくある質問の意図を考える

面接の際に注意したほうがよいポイントも、3点ありました。

  • 最終面接は意思確認の場ではない
  • 自己PRの内容は変えなくてよい
  • 他社への志望度を正直に言いすぎない

最終面接は内定が取れるか取れないかが決まる最後の選考なので、就活生にとって大きなイベントになることでしょう。
また、他の面接と違う緊張感もあります。

だからこそ、しっかりと準備をして、志望企業の内定をゲットしましょう!
あなたの就活がうまくいくことを祈っています。

最終面接では逆質問をされる場合もあります。逆質問の準備もしておきたい方は、こちらもチェック!

おすすめの記事