就活中は黒髪じゃないとダメ?いつ染めるべき?髪色の悩み徹底解説!

就活が本格的に始まると、スーツやバッグ、髪型など、さまざまな身だしなみを気をつけなければなりません。

面接や説明会など就活の予定が近づいてくると、黒髪に染める人が増えますよね。
就活は黒髪が定番」と知っていても、

  • 髪色ってどのくらい第一印象に関わるの?
  • 実際にどのくらいの髪色なら大丈夫?
  • いつ染めたらよいの?
  • 黒髪スプレーを使ってもよいの?

このような悩みをもつ就活生も多いのではないでしょうか?

この記事では、髪色に対する面接官の印象明るさの度合いいつまでに染めるべきなのかなど、髪色の悩みを詳しく解説します。

就活の準備段階として、どのくらいの髪色にするべきなのか、参考にしてみてください!

明るい髪色だと面接に落ちるって本当?

就活中の髪色は黒髪が定番とは聞きますが、実際に明るい髪色の学生に対して、企業側の印象はどのように変わるのでしょうか?

選考中や内定後で、企業側がどのような印象を持つのかお伝えします。

落ちるとは限らない!けど程度によっては悪い印象に

まず、選考中の印象についてです。

結論からいうと、髪色の明るさだけで面接が不合格になることはありません

あとで詳しく紹介しますが、業界によっては「髪色は個人の自由」と考えている企業もあります。
さまざまな価値観の企業があるため、髪色が明るいだけで面接の合否が決まることはないでしょう。

しかし、受ける職種によっては印象が悪くなる可能性があります。
例えば取引先と関わる機会の多い営業職の場合、明るい髪色はあまりよい印象を与えないでしょう。

どのような企業でもよい印象を与えたいのであれば、無難な黒髪をおすすめします!

内定後も気をつけよう!

次に、内定後についてです。

最終選考を終えて内定が出たあとは、髪色を変えても基本的には問題ありません

しかし、内定先のイベントや内定者研修など、企業の方と会うときは注意が必要です。

社会人として、明るすぎる髪色はマナー違反になってしまいます。
このようなイベントがあるなら、黒髪に染め直すことも必要かもしれません。

また、髪色が明るいまま入社日を迎えてしまうと、学生気分だと思われてしまう可能性があります。
まだ先の話にはなりますが、社会人の自覚を持って、入社日までには暗めの髪色に染めておきましょう。

就活中の髪色、どのくらいの明るさが無難?

就職活動の髪色は、どのくらいの明るさが無難とされているのでしょうか?

その回答と合わせて、地毛が明るい場合はどうしたらよいのかも解説します!

好印象を与えたいなら黒髪

就職活動で無難とされているのは、やはり黒髪です。

選ばれる理由は、スーツのようなフォーマルな格好に似合うから、というだけではありません。
黒髪が与える印象は、清潔感真面目さ健康さなど、就活生としてプラスになるものばかりです。

就職活動では第一印象が大切」といわれていますよね。黒髪なら、面接官によい印象を与えることができます。

また、黒髪のほうが「社会人としてのマナーができている」という印象を持たれやすいです。

企業側は、“自社で働くあなた”を想像して採用します。
社会人になってクライアントと仕事をする際に、暗めの髪色でなければクライアントに失礼になってしまいますよね。

フォーマルさ真面目さビジネスマナーなどの要因から、就職活動では黒髪が一般的です。

茶髪も度合いによってはOK

ここまで何度か、就活では黒髪が一般的だとお伝えしましたが、茶髪でも度合いによっては許される場合があります。

このあと明るい髪でも許される業界を詳しく紹介しますが、その業界でなくても焦茶色程度の髪色なら問題ないでしょう。

また、もともと地毛が明るい人は、真っ黒に染めてしまうと違和感が出てしまいます。

とはいえ、どのくらいの髪色が適切なのかわからないですよね。
このような場合は、美容師さんに「就活でも問題ない髪色にしてください」とお願いすれば、あなたにあった髪色にしてくれますよ。

自分らしく、かつビジネスシーンになじむような髪色で就活に挑戦してください!

髪を染めるタイミングは?スプレーはNG?

ここまで就活に適した髪色をお伝えしましたが、髪を染めるタイミングも迷ってしまいますよね。

就活が本格化してくると、説明会や面接の予定が立て続けに入ることもあります。
急な予定に、もう黒髪スプレーしか間に合わない……という場面もあるかもしれません。

こんな風に焦らないように、いつまでに染めるべきなのか、また黒髪スプレーは使用してもよいのかについてお伝えします!

面接の1週間前には染めておく

まずタイミングですが、就活の予定の1週間前には染めておきましょう。

これは遅くとも1週間前なので、余裕を持って1〜2週間前には染めるつもりで予定を組んだほうがよいです。

染めるのが早すぎても、色が落ちてしまい不自然になります。
一方で、直前に染めても、失敗したときに取り返しがつかないうえに、髪色がなじむのにも時間が足りません。

そのため、1週間前までには染め直しが完了している状態が理想です。

急な予定が入っても大丈夫なように、余裕を持ってスケジュールを立てましょう!

黒髪スプレーはマイナスな印象に

どうしても髪を染めるのが間に合わず、黒髪スプレーしか手段がない場合もあるかもしれません。

しかし、黒髪スプレーはムラなく染めることが難しいので、たとえ10分程度の面接であってもスプレーだとばれてしまう場合が多いです。

その場合採用担当からは、「スプレーで誤魔化すくらいの志望度なんだな」と思われてしまいます。当たり前ですが、よい印象ではないですよね。

スプレーと同様、市販のヘアカラーも染めムラができることが多いので、印象はよくないでしょう。

市販のもので誤魔化すのではなく、美容院できれいに染めてもらうことをおすすめします。

どの明るさまで大丈夫?志望業界と照らし合わせよう!

黒髪が基本とはいっても、全ての業界、職種で同じ基準とは限りません。業界によって許容される明るさも異なります。

今回はざっくりと「髪色に厳しい業界」と「厳しくない業界」に分けて紹介します。

あなたの志望する業界がどこに当てはまるのか、考えながら読んでみてください!

髪色に厳しい業界

まずは、比較的髪色に厳しい業界を紹介します。
一般的にお堅い印象がある業界は、基本的に髪色にも厳しいです。

具体的には、以下のような業界です。

  • 金融
  • 医療
  • 航空
  • 公務員(公社、官庁など)

このほかにも、お客様と接することが多い営業職百貨店の販売職なども髪色に厳しい場合があります。

金融や百貨店は、髪色が明るいとお客様に不信感を与えてしまうだけでなく、会社自体の信用問題にも大きく影響してしまいます。

これらの業界は、就活中だけでなく入社後も厳しくチェックされることがあるので、好印象を与える身だしなみを常に意識しましょう。

髪色が明るくてもOKな業界

一方で、髪色に対してあまり厳しい基準がない業界もあります。

具体的には、以下のような業界です。

  • アパレル
  • 美容
  • IT系
  • 広告

清潔感があることは前提ですが、個性オリジナリティを大切にしている社風の企業だと、多少明るいと感じる髪色でもOKな場合があります。

例にあげた業界、特にアパレル業界は、おしゃれさセンスの良さを重視しているので、他の業界よりも許容される明るさの範囲は広くなります。

とはいえ、社会人としてふさわしい髪色を意識しましょう。

ハイライトやローライト、派手な髪色などは、社会人としてはふさわしくありません。
あくまで常識の範囲内の髪色にしましょう!

まとめ

今回は、就活におけるさまざまな髪色の悩みを解説いたしました。

一般的に「就活は黒髪」というイメージがあるので、明るい髪色だと印象が下がってしまう可能性があります。
就活の際は、無難に黒髪に染めることをおすすめします。

また、髪を染めるタイミングは、面接や説明会の1〜2週間前がおすすめです。
直前になって焦らないように、余裕を持って染めましょう。

一般的にお堅い業界とされているところは、髪色も厳しい傾向にあります。
加えて、営業などのお客様と接する機会の多い職種は、どのような業界でも髪色が厳しい傾向があります。

一方で、自由な社風の業界は、比較的に髪色の制限は少ないです。とはいえ、社会人の常識の範囲内で髪色を決めましょうね。

髪色は第一印象にも大きく関わるので、悩んでしまうことも多いと思います。
今回紹介した内容を参考に、就活生らしい髪色に染めましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。