【就活女子必見】髪型にまつわる疑問を徹底解説します!

就活で好印象をもってもらうためには、髪型にも気を付けなければなりません。

就活を始めるにあたって、どのような髪型にしたらよいのか悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

「就活が始まる前に黒髪にしておいたほうがいいのかな?」
「おでこは出した方がよいって聞いたけど、前髪が短い場合はどうしたらいいの?」
「大人っぽく落ち着いた印象を与えるには、どのような髪型にしたらいいのだろう?」

このような疑問をもっていませんか?

ここでは、就活の髪型で悩んでいるあなたに、

・就活の髪型で気を付けるべきポイント
・おすすめの髪型
・おすすめの前髪スタイル

を紹介していきます。

この記事を読んで、就活の髪型に関する疑問を解消していきましょう!

就活で印象は重要!女子が髪型で気を付けるポイントは?

就活で第一印象は非常に重要です。
女性の場合、髪型でも印象が大きく変わります。

面接官は、就活生の身だしなみなど含めて、細かいところまで見ています。
面接の内容は完璧でも、身だしなみで印象を悪くして、評価に影響が出てしまうのは残念ですよね。

まずは、女子の髪型で気を付けるポイントについて解説していきます!

ぜひ、今の自分の髪型と照らし合わせてチェックしてみて下さいね。

お辞儀をしたときに崩れないようにしよう

面接では、お辞儀をする場面が多くあります。
そのたびに、手で髪をおさえたり髪が乱れてしまったりすると、少し見苦しい印象を与えてしまいます。

お辞儀をしても崩れないように、髪を結ぶかピンで固定しておきましょう。

前髪が崩れる場合は、ヘアスプレーなどで固めるのもおすすめです。

眉毛と耳を出すと印象アップに

前髪が目にかかるほど長い人は、なんだか重たく暗い印象を受けますよね。
前髪は顔の印象を大きく左右します。明るく好印象を持ってもらうためには、眉毛と耳を出すとよいです。

しかし眉毛を出せばなんでもいいというわけではありません。
眉上で一直線に切り揃えた前髪は、奇抜な印象を与えてしまいます。

前髪については、この後詳しくお伝えするので、そちらを参考にしてみてください。

また、ショートでもロングでも、就活では耳を見せた方がよいです。
耳を出すと顔がすっきり見えて、爽やかで清潔感のある印象を与えることができます。

就活女子におすすめの髪型を長さ別でご紹介!

では、実際に就活ではどのような髪型が好まれるのでしょうか?
ここでは、就活女子におすすめの髪型を長さ別で紹介していきます。

もちろん、先ほどお伝えしたポイントも押さえているので、参考にしてみて下さいね!

ショート編

ショートの方は、ボブがおすすめです。
ボブは就活では鉄板の髪型で、明るく活発な印象を与えることができます。

しかし、髪を後ろで結ぶことができないので、すっきりとみせるためのヘアセットが重要です。
セットが不十分だと、髪にまとまりがなくだらしない印象を与えてしまいます。

ヘアセットは、お辞儀をした時に髪が乱れないかどうかがポイントです。

そして、すでにお伝えしたように耳は必ず出しましょう。
横の髪が落ちてくる場合は、ピンで留めるか、ヘアスプレーで固定するとよいですよ。

就活女子におすすめのボブについて、気をつけたいポイントなどを知りたい方はこちら!

ミディアム編

ミディアムヘアの方におすすめの髪型がハーフアップ
ハーフアップは顔周りをすっきり見せ上品な印象を与えることができます。

長さ的に後ろで一つにまとめにくい方にもおすすめです。

ただし、ハーフアップは結んでいない髪がぼさっと広がってしまいがちなので、アイロンでまとまり感を出しましょう。
結び目も崩れないように、かために仕上げることが大切です。

ロング編

ロングヘアは、後ろでシンプルにひとまとめにするのが定番。
そこで、おすすめなのがシニヨン(お団子)です。

ロングの場合たとえ結んでいたとしても、お辞儀をするときなどに髪が大きく動いて邪魔になってしまいますが、シニヨンだとそれを防ぐことができます。

シニヨンをつくるコツは、作る位置を高くしすぎないことです。
あまり高いところに作ってしまうと、子どもっぽく派手な印象になってしまうので注意しましょう。

失敗しない前髪スタイル3選

女性にとって、前髪は一番気になるポイントですよね。
就活で失敗しない、鉄板の前髪スタイル3選を紹介します。

斜め前髪

斜め前髪は、どのような長さの方でも作りやすいスタイルです。前髪が短くても、分け目を作って斜めに流すようにすると、大人っぽい印象になります。

前髪が長い方は、斜めにした髪をそのまま流して耳にかければOK。
もし、お辞儀をしたときに崩れるようであれば、ピンを使って耳の後ろでとめておきましょう。

前髪が短い方は、くしで斜めに流してスプレーで固めるのが主流です。

スプレーに慣れていないと、白い粉が浮き出てしまったり、ベタッとした印象になってしまったりすることがあるので、何度か試してみてくださいね。

センター分け

前髪が長い、もしくは伸ばし途中の方は、センター分けがおすすめです。
童顔がコンプレックスな方でも、大人っぽく落ち着いた印象を与えることができます。

センター分けのコツは、分け目を真ん中から少しずらすこと
ずらすことで、顔のパーツの非対称な部分が目立たなくなるというメリットがあります。あえてr

オールバックスタイル

オールバックスタイルは、髪の長い女性や、キリっとした大人っぽい印象を与えたい方にぴったりです。

意外とセットに時間がかからないので、寝坊したときや忙しいときに使えます

オールバックスタイルが出来る長さの基準は、前髪が後ろの髪と一緒に結べることです。
前髪の長さが足りないまま無理やり結んでしまうと、崩れやすく見栄えが悪くなってしまいますよ。

これってOK?NG?就活女子の気になる疑問にこたえます!

ここまで、就活女子におすすめの髪型や前髪のスタイルを紹介してきました。

最後に、就活の髪型についてよくある質問におこたえしていきます!

結んだときに横の髪は出してもよいの?

結んだときに横の髪を出すのは基本的にNGです。
後ろで結んだときに、後れ毛を出すのもやめておきましょう。

横の髪を出したり、後れ毛を出したりするのは抜け感が出てオシャレですが、カジュアルな印象を与えてしまいます。

就活はオシャレをする場所ではないため、TPOをわきまえることが大切です。

パーマや巻き髪は大丈夫?

パーマは清潔感や誠実な印象が損なわれるので、極力控えましょう。
くせ毛の方も、まとめる程度のナチュラルなパーマに留めておくほうが無難です。

巻き髪は、過度に派手なスタイルでなければ構いません。

また、パーマやコテによる髪の傷みには注意が必要です。
髪が傷んでバサバサの状態は、イメージダウンにつながります。

パーマのかけすぎやコテの使い過ぎで傷みが目立つと、就活では不利になる可能性があるので、日々のケアを怠らないように注意しましょう。

地毛が茶色の場合は染めるべき?

就活では黒髪が鉄板ですが、もともと地毛が茶色の方はどうしたらよいのか疑問があると思います。

結論を言うと、地毛が茶色の方は無理に黒に染めなくても大丈夫です。
証明写真で明るさが目立つようであれば、備考欄に一言添えておけば問題ありません。

また、面接でも聞かれる場合があるので、事前に回答を準備しておくとスムーズに対応できます。

しかし、金融や公務員など業界によっては、黒髪に染めておく方が良い場合もあります。
志望業界での印象が気になる方は、染めてしまってもよいでしょう。

就活の髪色についてはこちらで詳しく解説しているので、チェックしてみて下さい。

まとめ

今回は、就活女子のおすすめヘアスタイルや、髪型で気を付けるポイントを解説してきました。
まずどんな髪型であれ共通するポイントは、動いても崩れにくく、眉毛と耳は見せるということ。

おすすめの髪型はそれぞれ、

ショート:ボブ
ミディアム:ハーフアップ
ロング:シニヨン(お団子)

です。

そして、鉄板の前髪スタイルとして斜め前髪、センター分け、オールバックスタイルをご紹介しました。

就活では相手に与える印象が非常に重要なため、髪型にも気を配る必要があります。
今回ご紹介したポイントを踏まえて、ぜひあなたに合った髪型を選んでください。

この記事を参考にすれば、就活の髪型はばっちり。
自信をもって就活のスタートをきりましょう!