圧迫面接の突破方法は、「まあかわいい下着つけてるし」です。

圧迫面接は、令和になった今でもあるらしい。

 

圧迫面接とは、面接官が就活生に対して威圧的な態度をとったり、意地悪なことを言う面接である。就活生のストレス耐性を見るためだと言われているらしい。

 

なんともムカつく話である。

就活生の時間をなんだと思っているんだ。

 

魅力的な会社だと思って応募し、時間をかけてエントリーシートを書き、グループワークも一生懸命超えてきた学生に対してそれはないだろう。就活生が真摯に向き合ってくれているのに、どうして企業側は就活生に向き合わないのか。

 

適当に圧迫して、ストレス耐性がなかったら切るなんて、最低だと思わないのだろうか。

 

確かに働くときにはたくさんの困難があり、ストレス耐性はあるに越したことはないが、ストレス耐性なんて、ワーク活動でも見ることができたはずだ。

 

圧迫面接のせいで素敵な人材すら落としていると思うと、その企業に同情してしまいそうになる。

 

さて、あれこれ文句を言っても、圧迫面接をする企業があるという事実は変わらない。事前に知ることもできないから、もし圧迫面接にあたってしまったら、耐え凌ぐしかないのだ。

 

そこで今回は、辛い就活を乗り越えるノウハウをみなさんにお話したい。

 

といっても、タイトルでネタバレ済みなのだが、「かわいい下着をつけること」である。

 

幸い、私自身は圧迫面接にあったことはないが、就活は辛いことばかりだった。

 

面接中に「熱意だけは伝わってくるけど、何が言いたいのかわかりません」と言われた。受ける企業にことごとく落とされるので、就活を辞めようと思ったこともある。

 

それを乗り越えられたのは「まあわたしかわいい下着つけてるし」という考え方だ。

 

これは、私の尊敬するひとりであるフリーアナウンサーの宇垣美里さんの考えを拝借している。

 

ふりかかってくる災難や、どうしようもない理不尽を、一つひとつ自主的に受け止めるには、人生は長すぎる。そんなときは、『私はマイメロだよ~☆ 難しいことはよくわかんないしイチゴ食べたいでーす』って思えば、たいていのことはどうでもよくなる

 

という、宇垣さんの「マイメロ理論」は有名なので聞いたことがあるひとも多いかもしれない。

 

宇垣さんはマイメロ理論以外にも、

 

悪くないのに謝るときは"私が美しすぎて、あなたより頭が良くて人間的に優れていてごめんなさい"と思いながら謝る

 

といった話もある。

 

わたしは、全ての社会人はこの理論を少し取り入れていいと思う。

 

就活に限らず、社会全体はいつだって理不尽だ。

社会には、あなた平気で傷つけてくる人がたくさんいることは、覚えておいて欲しい。故意に傷つけてくる人もいれば、自分を守るために傷つけてくる人もいる。

 

だから社会人に最も必要な力は、傷つけてくる相手から身を守る「自己防衛力」だと思っている。

 

理不尽に怒られたとき、威圧的な態度をとられたとき、「このおじさんなんか怒ってるけど、わたし今日、ピーチジョンの新作つけてるしな」と思っていた。

 

かわいい下着にこだわる必要もない。

「まあわたし、今日はDiorの香水つけてるし」

「イブサンローランのリップつけてる女に何言ってるんだろう.......」

 

応用はいくらでもできる。

 

私の1番のこだわりは髪色だった。

ぱっと見は就活生らしく黒い色に見える「青色」に染めていた。明るい場所で見ると若干青く染まっているのがわかる。

 

「就活しんどいけど、まあわたしの髪の毛青いしな」

 

就活の乗り越え方なんて、この程度でいいのだ。

 

社会人になった今も、仕事疲れたな嫌だなと思ったとき用に、爪を可愛い色に塗っている。

手元のかわいい爪をみると元気が出るのだ。我ながら単純で馬鹿らしくなるが、本当にテンションが上がる。

 

さて、あなたの「自己防衛策」はなんだろうか?

 

女性だったら、メイクやファッションでテンションが上がる人が多いと思う。

 

男性でも、ネクタイピンはお気に入りのブランドのものを使うとか、ディズニーリゾートで売っているキャラクターものの下着を履くとか、方法は数多ある。

 

嫌なことがあったときに、お酒をたくさん飲むとか友達に愚痴を言うとかもいいが、せっかくなら、自分で簡単に解決できるスキルをつけておくと良いだろう。

おすすめの記事